ブログ

社会の様々な出来事に対しての感じたことを発信するためのブログです。

就職活動の流れと「得意・不得意の差が激しい発達障害」は相性が悪いのではないか

今回は「就職活動と発達障害について書きました。

※あくまでも一般雇用における話で、今回は障害者雇用については書いていません。

 

就職活動は

①企業が求人を出す

②就職活動中の人が応募する

③面接

④合否の連絡

という流れが一般的だと思います。

 

私はこの流れが圧倒的に発達障害と相性が悪いと考えています。

 

「①企業が求人を出す」の時点で、採用される人がするであろう仕事の内容がほぼ100%決められてしまうからです。

 

まず企業側は求人を出すキッカケは

退職者が出た(その人の代わりになる人を雇う必要があるため)」

人手不足を解消したい(事業拡大や新規事業の立ち上げで発生したため)」

といったケースが多いと思います。

それを踏まえたうえで仕事内容が決められ、「その仕事内容にピッタリ合う、もしくはそれ以上の人材を確保したい」という考えを持つはずです。

 

そこに「仕事内容に書かれている○○は出来ますが、△△は苦手です。」という人間が割って入りこむチャンスはほとんどないのではないでしょうか。

 

多くの企業が求めているのは「限られた能力は人並み(もしくはそれ以上)でも、他のことは苦手だったり、周囲の配慮を得る必要がある」という人材ではなく「様々な業務を人並みにこなせる便利な人材」だと私は思います。

 

もちろん「③面接」の時点で採用担当者との交渉の余地はあると思いますが、あくまでも就職活動の主導権を握っているのは企業側です。リスクをおかしてバランスの悪い人材を積極的に採用する企業は少数派でしょう。

また、応募する側も「苦手なことを正直に言って落とされたら全く意味がない」「採用されるためには『何でもやります!』と言うのが無難」という風に考えがちです。

 

その結果「能力的なバランスのよい人材が採用されやすく、バランスの悪い人はたとえ相性が良くても避けられやすい」という流れが生まれてしまいます。

 

こういった背景がある影響で、日本の一般的な就職活動の流れと発達障害の相性は良くないと私は考えています。

 

あくまでも個人的な印象ですが「発達障害であることを職場にオープンせずに頑張っている当事者の皆さんが苦労しているパターンは少なくない」と思っています。

 

その原因の一つとして「仕事内容を企業側が決めてしまう流れ」があるということは決して見過ごしてはいけないと思います。

 

以上です。

 

もっとも、就労に限らず「様々な人生のあらゆるライフステージ(学生生活・恋愛・子育てなど)と発達障害は相性が悪い」と私は思っています。

何はともあれ、長文を読んでいただきまして、ありがとうございました。

今後も不定期にブログを書いていきますので、よろしくお願いします。

「発達障害は本人の工夫と周囲の理解で改善できる」だけでは限界がある

今日の記事は発達障害に関係した内容です。

 

最近はたくさんのメディアで発達障害について取り上げられることが多くなりました。

関連書籍も多数出版され、「この本が役に立った!」という感想のツイートも頻繁に目にします。

 

数年前まで、僕は「発達障害」という言葉すら知りませんでした。

ネットで「空気を読めない人」という意味で使われるアスペルガー症候群という言葉を目にしたことがあるくらいで、それが先天性の脳機能障害で障害者手帳を取得できるものだとは知りませんでした。

 

メディア・ネットの力で発達障害知名度が上がり、発達障害の特性で困っていた人たちが病院で診断を受けるようになったことは良いことだと思っています。

僕自身もネットで調べて「自分のことだ…」と確信したことで診察を受け、障害者として様々な制度を活用しながら何とか生活ができています。

 

ただ、僕は「このままでいいのか」という不満があります。

どのメディアでも「自分の特性を理解し、周囲の理解を得ることが大事です」と書かれていますが、それには限界があるのではないかと思うのです。

 

発達障害を持っている人の特性は人それぞれです。

つまり、それぞれの人の得意・不得意に合った本人の工夫や環境の整備が必要になります。

単純ミスが多い人にはミスが発生しない仕組みを提供したり、聴覚過敏を持った人にはイヤーマフの装着を許可したり、コミュニケーションが苦手な人は明確な伝え方をするように心掛けたり…

「こういった配慮を、疲弊した多くの日本企業がスムーズに対応できるのか?それ以前に対応しようと考えてくれるのか?」と僕は思うのです。

 

ブラック企業が従業員を酷使して自殺に追い込まれるニュースが続き、経営破綻の危機を迎えた大企業が海外の企業に買収され、少子高齢化で若者の負担が増え、ギリギリの状態で生活している人も少なくない現在の日本社会。

 

そんな日本社会・日本の企業に

「僕は発達障害です。目には見えませんが、こういうことが苦手なので○○の仕事はできません。障害者なので合理的配慮をお願いします」

といって、すんなりと受け入れてもらえるでしょうか?

 

 

あくまで個人の推測ですが、

「目に見えない障害だと本人の求める配慮がワガママなのか本当に必要としているものかどうか判断できない」

発達障害だからといってなんでも配慮するわけには行かない。他の従業員が不平等だと感じて職場の士気が低下してしまうかもしれない」

「そもそも精神障害者全般を雇用することに抵抗がある。軽度の身体障害者を雇えるなら検討するが、それ以外の障害者を雇用する余裕はない」

といったスタンスを取っている企業がほとんどではないでしょうか。

 

正直、自分でも「なんでこんなにミスをするのか」「どうして人付き合いがうまくならないんだろう」という気持ちで落ち込んでしまいます。

そんな僕は胸を張って「僕を雇ってください!お役に立てます!」なんて言えません。

 

そもそも、当事者それぞれが育ってきた環境によっても「本人の工夫と周囲の理解でどうにかなるか」も変わってきます。

 

しっかりとした経済力と人間力のある家庭で育ち、専門性の高いスキルや一般的に役立つスキルを習得して、労働環境や人間関係が良好な企業に就職できればうまくいくかもしれません。

 

しかし、それだけの幸運と実力を手に入れられる人がどれだけいるのでしょうか。

 

たとえば、僕は明らかに発達障害の特性を持った父親 ( 診断を受けていないので断言はできませんが ) の子どもとして生まれ、彼の自由奔放な生き方の影響もあって精神的、経済的に厳しい時期がありました。

僕が発達障害と診断されたのは成人して数年がたってからでしたが、漠然とした「生きづらさ」は常に強く感じてきました。

「自分には何が向いているのか」「どんな仕事をすれば人の役に立てるのか」「そもそも自分は人間として生きていていいのか」

そんな不安を抱えながら生きてきましたが、それを明確に教えてくれる人はいませんでした。そして、自分でも見つけられませんでした。

 

その結果、発達障害であることを抜きにしても「自信を持ってアピールできる何か」を持たない状態になり、「そういう人材でも良いから採用する。だって人手不足だから!」という企業から採用され、なんとか生活しています。

 

世の中にたくさんいる

「働かざる者、食うべからず」

「結果が出ていないということは努力が足りないからだ」

という意見を持った人たちに伝えたいです、「頑張りたくても頑張れない人がいる」ということを。

そして、そういった人たちを救済する制度が不足しているということを。

 

発達障害を持った人は、ほとんど障害年金をもらっていません。

結局のところ「フルタイムで働くか(時給が800円程度だと月の手取りが11~13万円くらい)、親の経済的支援がないとまともな生活が送れない」という状況に立たされているワケです。

 

これが正しい社会のあり方なのでしょうか?

僕はそう思えません。

誰もが無理なく生きていける社会こそ、理想の社会だと思います。

 

以上です。長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

「独身税」という発想の気持ち悪さ

f:id:Narita_ADHD:20170905134442j:plain

headlines.yahoo.co.jp

 

スゴイ発言ですね、ネットを中心に話題になっています。

「人の親でありながら、こんなことを言えるんだな」と驚いてしまいました。

 

結婚して子供を持つと生活水準が下がってしまうのは当たり前です。

「働けないが毎日の生活費を必要とする存在」である子供が増えるワケですから。

 

そういった状態に置かれることは、ある程度の見識があれば容易に予想できるはずです。

それを「独身者への税負担の要求」という意見に発展してしまうところが気持ち悪いと僕は思います。

 

今回は「自分が有利な立場にいるということを確信した人間が、そうでない人間を罪悪感もなく叩いてしまった」というところが問題だったのだと僕は思います。

今回のような現象は世の中の色んなところで起こっています。

【例】

・男性が女性を一方的に非難する/女性が男性を一方的に非難する

(よほどのことがない限り性別が変わることはない→異性のことを無制限に叩くことができる)

 

・高収入/高学歴の人間がそうでない人間を見下す

 

・イケメン/美女がブサイクをバカにする

 

もちろん、今の子育て世代の負担感というものは昔と比べて大きくなっているものだと感じています。

「保育園落ちた、日本死ね」のブログも全面的ではないですが理解しているつもりです。

「待機児童の問題なんて、調べたら分かることだろ。ちゃんと準備してから子どもを作れよ」という気持ちもありますけど…

 

ただ、そういった負担を軽減する役目を背負っているのは「独身者」というカテゴリーではないはずです。

 

結婚したくても結婚できない人、ただ若く結婚していない人、結婚したものの良縁ではなく離婚した人など、様々な人間が「独身者」というカテゴリーに含まれています。

 

本当にこういった負担感を減らしたいのであれば、個人資産をたくさん抱えている富裕層や内部留保を蓄えている企業に負担してもらうのが筋です。

 

まぁ、ネット上の噂によるとママ課のメンバーは比較的経済レベルの高い人々で形成されているそうですから、そうなると自分もくは自分の家族の負担が増えてしまうジレンマがあるのでしょうが…

 

とにかく独身税という考えに私は反対です。ありえません。

以上が今回の話題に関する私の個人的な見解です。


長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

【はじめに】自己紹介

はじめまして。ご覧いただき、ありがとうございます。なりたと申します。

 

社会で起こった様々な出来事について個人的な感想を発信するために作りました。よろしくお願いします。

 

【自己紹介】

2017年 現在、20代後半の男性です。

4年制の大学をギリギリ卒業し、仕事はこれまで何回も転職しています。

今は非正規労働者として汗を流しながら働いているところです。

 

数年前に発達障害の診断を受け、精神障害者保健福祉手帳の3級を取得しています。

お薬はストラテラという、ADHD(注意欠陥・多動性障害)の人に処方される薬を毎日飲んでいます。

あと、不眠症もあるので寝る前に睡眠剤(レンドルミン)も飲んでいます。

 

【これから書こうと思ってること】

・社会の様々な出来事への個人的な感想

・僕が発達障害と診断されるまでの経緯

・「発達障害を診断してくれる病院」の探し方

・病院の人(医師・臨床心理士)は、自分の全てを知っているワケではない

・障害者への福祉制度(手帳・年金・障害者割引)

・失業保険は週20時間以上働く人にとってのセーフティネット

・お薬との付き合い方(ストラテラコンサータ・副作用など)

発達障害は「個性」との境界線がないから色々とめんどくさい

・「発達障害のグレーゾーン」という診断

 

【ご理解いただきたいこと】

あくまでも個人的な見解を発信しているだけのブログなので「こういうヤツもいるんだな」くらいの感じで読んでいただけると嬉しいです。

 

「白黒ハッキリつけないと気が済まない」「かなりの毒舌」であることは自覚しており、現実社会ではそれを抑えながら生活をしているので、ブログくらいは好き勝手に書こうと思っています…

 

とりあえず、今日のところは以上です。

よろしくお願いします。